Plutusスマート・コントラクト

2021-09-27


参考記事:
IOHKブログ:戦略的パートナーがPlutusスマートコントラクトへの道を拓く
Strategic partners pave way for Plutus smart contracts
Cardano Roadmap

記事では、Plutus(プルータス)のロールアウトに欠かせない戦略的パートナー、エンジニア育成プログラムの説明を通して、Goguenへの準備が進んでいることが語られています。

Plutusは「スマートコントラクト専用の開発言語であるとともに、関数型プログラミング言語Haskellを使用した実行プラットフォームでもあります。」

分散型金融(DeFi)のインフラが着々と準備されています。カルダノの更なる普及のためにはインフラの上で動作するアプリやコントラクトの作成が活発になることが不可欠です。

4月に開始されたPlutusパイオニアプログラムはHaskellやPlutusを使用したアプリを開発できるエンジニアの先駆者を育てます。

1000人を超える開発者グループがあり、経験豊富なソフトウェア開発社パートナーシップを結び、Dappsを作成しています。

Alonzoテストネットは5月末リリースを目標において最終段階にあります。
Alonzo開発テストネットがロールアウトし、そのあと数週間かけてプロセスや新機能が追加されていきます。

夏以降には取引所などと統合予定です。
Q3にはAlonzoハードフォークによりスマートコントラクトが実装される予定で、Yoroiとも統合されていきます。