Catalyst Voting 参加方法

Project Catalystでは、ADAホルダーがCardanoの開発、ガバナンス、コミュニティ活動などに関わることができます。例えば、提案者はエコシステムの改善案を提案し、投票者は提案内容を吟味しそれが有益だと考えれば投票することができます。可決されると、提案者は資金を調達することができ、活動資金へ割り当てることができます。投票者へも参加に対する報酬が支払われます。投票はADAを保有していれば誰でも参加可能です。

この記事では投票への参加手順をレポートという形で書いていきます。全体の流れや注意点等をご確認いただければ幸いです。最新の情報は公式の情報を正としてください。

  • Catalyst Fund4からモバイル版でも登録、投票ができるようになりました。Fund 5以降からハードウェアウォレットからも可能になっています。
  • 一度登録すれば、以降の投票でも使用するため、途中で表示されるPINコード、QRコードは忘れないように控えておきましょう。
  • 投票するためには500ADA以上入っているウォレットである必要があります。
  • 報酬は委任アカウントへ支払われるため、プールへ委任しているウォレットである必要があります。

2022/4/21追記 – Fund 8時点のCatalyst Votingアプリ表示に差し替えました。アプリは機能追加による表示変更が常にありえるため、最新の表示とは異なる場合があります。
2022/4/24追記 – 有権者登録について現状のバージョンで書き直しました。Catalyst Votingアプリからの投票手順もこちらの記事へ追加しました。

事前登録

ヨロイウォレット(モバイル版)での有権者登録

Yoroiのブラウザ版でも近い手順で登録できます。Daedalusウォレットでも可能です。ここでは一番お手軽にできるであろうモバイルアプリからの手順をレポートしたいと思います。

Yoroi ウォレットを立ち上げて、有権者登録をする対象のウォレットを選択した状態です。

「CATALYST VOTING REGISTRATION」を押して作業へ進みます。

注意事項が表示されることがあります。「投票による報酬は委任アカウントへ送付されます。あなたのウォレットは登録された委任アカウントの証明書を持っていないようです。投票による報酬を得たいのであれば、まず資金を委任する必要があります。」

投票に参加するためには、どのプールへでも良いので委任をしている必要があります。(有効な委任アカウントがあること)もしまだの場合はぜひステーキングをしてみましょう。

まだの場合は、Catalyst Votingのアプリもインストールしておきます。

PINコードが表示されます。投票のために毎回必要になるため、書き留めるなどしておきます。

PINコードの確認のため入力します。

必要な証明書を生成するために送金パスワードを入力します。

登録実行前の確認画面です。今回は0.175313 ADAを手数料として支払います。送金パスワードを入力して実行します。

Catalyst Votingアプリで必要になるため、QRコードのスクリーンショット、もしくは、シークレットコードのコピーを取得しておきます。

PINコードを書き留めたか、QRコードのスクリーンショットを取得したか、それらがない場合は投票登録ができないということを理解したか、などの確認をしたらつぎへ進みます。

EMURGOのサイトで「トリッキーなパート」と書かれていますが、QRコードのスクリーンショットを取った後、別の端末(PCなど)へ送っておき、モバイル端末で読み取ることが必要です。この部分に関するユーザエクスペリエンスは改善予定とのことです。

Catalyst Votingアプリでの登録

ここからはCatalystVotingアプリ上の操作です。2022年時点でアンドロイドとiOSに対応しています。下記が必要です。

  • CatalystVotingアプリのインストール
  • 事前にQRコードとPINコードの取得

「RESISTER NOW」を押して有権者登録へ進みます。

「Scan voting QR code」を押します。

※「Paste registration code from Yoroi Mobile Wallet」を選択する場合は事前にコードを取得しておく必要があります。

QRコード、ハッシュ、PINコードのバックアップを取るように促されます。他のデバイスで紐づける際に必要となります。

チェックを入れて、「CONTINUE WITH REGISTRATION」を押します。

QRコードをスキャンします。

PINコードを聞かれるので入力して「CONFIRM」を押します。

「Registration was successful!」と表示されたら成功です。「GOT IT」を押します。

登録ができていない状態

有権者登録期間が過ぎてから作業を行った場合などは、このような画面が表示されます。

投票開始になると、ADAのステーク数に応じたVOTING POWERが表示されます。

過去、投票期間が始まる前までは、この画面でVoting Powerは0と表示されていました。

Catalyst Votingアプリでの投票

Fund 8時点の画面を例に投票をしてみます。

「Challenges」を押します。

  • Challenges: 提案者からの様々な提案を確認できます。開発者向け、エコシステム発展のための提案、次のFundに向けた提案などカテゴライズされています。
  • My Selection: 自身の選択した提案がストックされます。
  • Cast Votes: 投票した提案が表示されます。

提案の内容を確認します。リクエストされている金額を考慮に入れて、内容が良いと思うものには緑のグッドボタンを押します。赤のバッドボタンもあります。

有権者登録ができていないとグレーになっていて押せません。

たくさんあるため、全て確認するには時間がかかります。ツールで仕分けたり、関係のありそうなカテゴリ、興味のあるカテゴリから選ぶなどするとよいです。多額の資金が提供されますし、Cardanoの今後に影響があるため慎重に選択しましょう。

  • GO TO MY SELECTION: 選択した提案の一覧を確認します。
  • CONTINUE VOTING: 引き続き提案を確認します。

この時点ではまだ投票は実行されていません。

選択が終わったら「My Selection」から、「CAST MY VOTES」を押します。

以前は投票をやり直すことができましたが、変更できない仕様に変わっています。

有権者登録の際に書き留めておいたPINコードを入力します。

処理中の画面です。このタイミングでアプリを閉じると投票が失われてしまう可能性があるため、待ちます。

投票が完了しました。

作業お疲れさまでした!よいステーキングライフをお送りください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
カルダノを一緒に応援したいという方は、Twitterのフォローなどしていただけると嬉しいです。
役に立ったなどありましたら、SUGARステークプールへのご委任のご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

その他情報

参考公式ブログ:
Yoroi Mobile Wallet: A Guide on How to Register to Vote for Cardano Blockchain’s Catalyst Fund4

Cardanoのガバナンス ~ 投票することで報酬がもらえる背景: https://sugarstakepool.jp/2021/07/11/catalyst/