Epoch 273: ウォレットの開発状況

2021-09-28

プール・レポート

いつもありがとうございます!エポックが切り替わりました。

今回の報酬対象者:
エポック269、6月5日(土)午前6時半頃までに委任いただいている方

前回とほぼ同じくらいの報酬になっております。エポック切り替わり後、PoolTool、Adapoolsなど、それぞれデータの反映のタイミングが違うようです。

報酬の履歴確認の方法はこちら
FAQを追加しております。何かのお役に立てれば幸いです。
もしご不明点や、疑問がございましたら、ContactやTwitterのDMなどからご遠慮なくお問い合わせください。

次回の報酬は今回よりも若干少なめになります。運用は引き続き気を抜かず対応していきます。
Catalyst Votingは6月25日20時締め切りとのことです。

Yoroi

Yoroi Wallet & Cardano Blockchain’s Alonzo Hard Fork Updates の一部日本語訳になります。

カルダノブロックチェーンのスマートコントラクトとDeFi
来るべきGoguen時代に向けて、カルダノのブロックチェーンにスマートコントラクト機能が搭載されることになり、カルダノは先日、スマートコントラクト機能の3つのテストネットのうち、最初のテストネット「Alonzo Blue」の実装を開始しました。

Alonzoハードフォークによるメインネットの正式リリースでスマートコントラクトがカルダノのブロックチェーンに統合されると、DeFiやNFTを含む様々なDAppサービスの開発や、他のブロックチェーン・プラットフォームからカルダノへのプロジェクトの移行をサポートすることになります。

Yoroi Walletを使ってCardano DAppsと交流する
現在、EMURGOは、CardanoのAlonzoハードフォークに対応するために必要な変更を実施しています。

Alonzoハードフォークでは、機能的なスマートコントラクトとDAppsがCardanoに導入されるため、EMURGOはADAとERGの両方をサポートするDApps Connectorを開発しています。

これらのアップデートにより、Yoroi WalletはEthereumのMetaMask Walletのように、Yoroi Walletのユーザーが様々なDAppsを利用できるようになり、分散型経済やCardanoのエコシステム全体の拡大に貢献することを想定しています。

EMURGOは、ウォレットとDApps間の通信を標準化するためにカルダノエコシステムに貢献し、支援することに強くコミットしており、Yoroiを含むウォレットや取引所で広く使用されているシリアル化ライブラリのサポートを継続的に拡大しています。

Daedalus

ローンチからFlight、そしてその先へ…Daedalus:ローンチからFlight、そしてその先へ…

アンケート

アンケート結果が出たということで、一部を(今後こういった方向へ進化するのでは?という観点で)ご紹介いたします。

「Daedalusから委任していますか?」の結果が89.9%でした。個人的に、Daedalusはフル・ノード・ウォレットということで使っているので嬉しいです。ここまで多いとは意外な結果でした。使用して1年以上のユーザが多い、週一で開くことが多い、ようです。

「ステーク・プールのランキングはどのようにされるべきか?」についての質問は、長期で見込める報酬に基づくランキングを望む声が一番にあげられました。次点がネットワークの分散化を促進するような観点、ネットワークの安定性を最大化する観点などです。

「ランキングシステムはあなたの関心に沿ってされているか?」に対して、「分からない」が58.8%でした。今後分かりやすく納得のいく方法になると嬉しいですね。

一方で、「ランキングシステムを信頼していますか?」に関しては70.7%でした。

全体の印象

ユーザの多くは、委任のためにDaedalusを使っていて、エポックごとに獲得した報酬額を知りたい、報酬の履歴を見ることができる、ファイルへ出力する機能を望む声が多いようです。また、ランキングで小さいプールに不利にならないような改良や、複数プールヘの委任機能が加えられてくるのではないでしょうか?

投票、委任、送金、などを一つのアプリ上でできるとよい、コインBTC, ETHな複数資産に対応、プライバシーを保てるウォレット、ハードウェア・ウォレットのサポートなども挙げられました。

技術レポート

週間技術レポート 2021年6月18日を確認すると、「ネイティブトークン表示を実装する作業と、エポックごとの内訳を含む獲得した報酬履歴の新しい詳細表示を実装する作業を完了」とありますので今後のバージョンで対応されそうです。現状は合計額の出力は可能です。

ADA/USD

長期で引いていたトレンドラインを下抜けた後は、だいぶ下がってしまいました。現在の価格帯で新しく引いてみた水平ラインでサポートされそうですがどうでしょうか。100日移動平均線(上段緑点線)ともちょうどぶつかっています。ボリュームが少ないです。Stoch RSI(下段青線)も下向きになっている状態です。

全体的に日足チャートで、長期目線で見ています。投資のアドバイスをするものではなく、大事な資産チェックの一環とカルダノの応援を目的としています。
動向の予測をすることもありますが、あくまで一個人の一つの見方です。多角的に分析をした上、トレードは自己責任でお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
カルダノを一緒に応援したいという方は、Twitterのフォローなどしていただけると嬉しいです。お陰様でフォロワーが1000人を超えました。ありがとうございます!
SUGARステークプールもよろしくお願いいたします!