Epoch 276: Adapoolsからの情報取得

2021-09-28

プール・レポート

ご覧いただきありがとうございます!エポックが切り替わりました。

今回の報酬対象:
6月20日(日)午前6時半頃までに委任いただいている方になります。

正確な成績をお伝えするため、Adapoolsから最新のプール情報を取得して、チャートにするようにしてみました。こうしてみると報酬は2エポック前の結果が支払われているのがわかりやすいと思います。 今回のエポックの報酬はROA(%)をご参考いただければと思います。4〜5%あたりが平均的になります。よく言われる「5%の利率」は、(上下はあるものの)これをキープし続けられれば良いという認識です。 次回もブロック生成は順調の予定です。

LuckとROAについて

ところで、「ブロックをたくさん生成=報酬が高い」というわけではありません。「報酬が一定でないのはなんで?」という疑問をお持ちの方向けに少し触れたいと思います。

エポックの切り替わり前になると、委任量に応じ、各プールに対してブロック生成スケジュールがランダムに割り当てられます。

例)
・委任量1Mのプール→1ブロック生成のスケジュールが割り当てられた。
・委任量10Mのプール→10ブロック生成の スケジュール が割り当てられた。

この割り当てられたブロックをエポック内で実際に生成していくことになります。

一方で、委任量が多ければその分「君のプールはブロック生成を多くできるだろう」と「期待」されます。(宝くじをたくさん引けるイメージ)

例)
委任量1Mのプールへの期待値→1ブロック
委任量10Mのプールへの期待値→11ブロック
(数値は単純にするため仮の値)

ブロック生成数/期待値でLuckが計算されます。(ここでは単純にするため、スケジュールに割り当てられたものを全て生成できたと仮定します)エポック終わりに、

例)
委任量1Mのプール→1ブロック生成成功/1ブロック期待=100%
委任量10Mのプール→10ブロック生成成功/11ブロックの期待=約90%

この%がAdapoolsでのLuckと呼ばれているもので、報酬の割合(ROA)に直接関係します。プールの大小に関わらず同程度の報酬を分配できるようになります。ただ、小さいプールの場合、1ブロックがより影響することになります。

ADA/USD

前回までに引いた水平ラインの間で推移しています。全体として、RSI、MACDなど上昇傾向にあります。中段黄色のRSIが50を上抜けました。楽しみに見ていきたいと思います。まだ大きなボリュームはないようです。

全体的に日足チャートで、長期目線で見ています。投資のアドバイスをするものではなく、大事な資産チェックの一環とカルダノの応援を目的としています。
動向の予測をすることもありますが、あくまで一個人の一つの見方です。多角的に分析をした上、トレードは自己責任でお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
カルダノを一緒に応援したいという方は、Twitterのフォローなどしていただけると嬉しいです。お陰様でフォロワーが1000人を超えました。ありがとうございます!
SUGARステークプールもどうぞよろしくお願いいたします。