Epoch 282: BITPOINTにてADA(エイダコイン)近日取扱い開始予定のお知らせ

2021-09-28

プール・レポート

カルダノのロゴが日本の取引所に並ぶのを待っていました!日本初のADAコイン取り扱いはBITPOINTということで、よいお知らせがきました。2021年8月下旬頃、取り扱い開始予定とのことです。

エポックが切り替わりました!
貴重なADAをご委任いただき、ありがとうございます。
今回のプール・レポートです。

エポック282の報酬対象:

  • 7月20日(火)午前6時半頃 日本時間 (UTC+0900)までに委任いただいている方になります。
  • 「ROA(%) per Epoch」の説明: 「Blocks per Epoch」をみると、エポック280のブロック生成がかなり多かったため、今回の報酬は多めになります。

次回の報酬:

  • 「Blocks per Epoch」の説明: 前回(エポック281)のブロック生成数は多めだったため、次回の報酬も期待できます。

「エポック」はカルダノ時間で、「1エポック = 5日」に相当します。
報酬は「2エポック前」のブロック生成を反映します。

大切なお知らせ

ご委任いただいている皆様へお知らせ

お陰様で、もうすぐでプール運営一年の節目を迎えることができます。これも一重にサポートいただいている皆様のおかげです。エポック278から(しつこくてすみません)引き続き、一年間の0.01%委任手数料キャンペーンの期限が8月8日となるためリマインドをさせてください。以降はホームページ記載の通り0.9%へ変更となりますので、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。報酬への大きな影響はないと考えております。

運用アップデートや、予定は運用アップデートのページにてまとめておりますので、併せてご確認いただけますと幸いです。

また、アロンゾハードフォーク祝いのギブバックキャンペーンを検討中(委任者様の税計算の負担、メリット等を考え、何もしなくても参加できる、期間限定の委任手数料0%を検討しています。)となりますので、決定しましたら検討内容共にご報告させていただきたいと思います。何卒よろしくお願いいたします。

Cardano360

先日実施されたCardano360のミニバージョンに日本語字幕が付きました!

「時間を無駄にせずどんどん行きましょう!」の通り、テンポが良くてわかりやすく、大切な内容がまとまっているのでおすすめしております!

Catalyst Fund5

8月2日締め切りのFund5で投票に参加しましたでしょうか?ここ数回投票してきた所感です。

「毎回多数の提案を読んで投票するのは正直しんどい。」

「かといってCardanoの今後を決めていく大事なプロセスであり、資金が割り当てられるものなので、内容をよく読まず投票するのもよくないな。」

そう感じている方は多いと思います。

今回はそういった問題を解決してくれそうな提案が数多かったので、重点的に見てみたところ、以下のような提案がみられました。(今後改善されて、より投票が参加しやすいものになっていくと思いますので、次回以降のご参考になればと思います。)

Cardano Catalyst Community Site提案者、投票者、アドバイザー向けに情報や役に立つツールがまとめられています。

提案が提出された後、コミュニティ・アドバイザーのアセスメント、レビューの段階で、提案のチェックの煩雑さが問題になっているので、ツールによるチェックを入れる、などの提案もありました。

また、初めてコミュニティに入ってくる方に対して、投票の仕方~結果確認まで、まとまったポータルとなる情報サイトが必要です。今後サイトが日本語含め様々な言語に対応されると嬉しいです。

現状はIOHK公式のFAQでも情報がメンテされています。Voltaire(ボルテール)期ではこういったこと含めコミュニティ運営になっていくとの理解です。

提案が過去にどれくらいの資金調達をしているか?

どれくらいの進捗なのか?

今回の提案との関連性は?

プロジェクト自体はその後どうなったのか?

Catalystアプリからだけだと、みえていないことがたくさんあり、資金がマーケティングが上手な一部に偏ってないか、フェアなのかアンフェアな状態なのかが分からないです(みえたところで提案がたくさんあるので全部確認しきれない)。

プロジェクト同士のコラボ、コミュニケーション、など、今後Catalyst Circleの役割と活動も注目されます。

Catalystに関する手順等はこちらもご参考いただければ幸いです。

cFund

ウェブサイト: https://cfund.vc/

IOHKブログ: cFundの詳細

cFundは、Cardanoブロックチェーンとその技術を活用した企業に焦点を当てた、アーリーステージの投資ファンドです。

https://medium.com/occam-finance/occam-fi-receives-strategic-investment-from-cardano-ecosystem-vc-fund-86c40a28cbb2

IOG(インプット・アウトプット・グローバル)はCardanoのブロックチェーン技術の採用を加速するために、 Wave Financialと提携し、cFUNDへ出資、設立しました。

cFundはアプリケーション、ビジネス、製品を開発するCardanoブロックチェーンのテクノロジー企業に主に投資しサポートします。COTI、Occam.fiなどに出資をしました。

Occam.fi

ウェブサイト: https://occam.fi/
Medium: Occam.fiがカルダノ公式団体が初めて正式支援をするローンチパットに選出!

Occam.fiは、Cardanoのために作られたDeFiソリューションを提供していきます。EMURGO(エマーゴ)とcFundから戦略的投資を受けています。

Occam.fiは、スマートコントラクト実装を控え、拡大し続けるCardanoのDeFi市場で最も重要なものの一つです。

市場をリードする分散型ローンチパッド機能、DEXツール、スワップ機能、Cardanoネイティブトークンのための流動性プールを提供するために設計されています。

OccamRazerのIDO(Initial DEX Offering/分散型取引所の新規トークンセール)機能を利用して、資本調達を行うことができます

新たに発行されたトークンの販売は、分散型のメカニズムで行われ、透明性と平等なアクセス機会を確保します。Cardanoエコシステムの流動性を上げることに寄与します。OCCユーティリティトークンを使います。

Occam.fiの開発チームは、Plutus Pioneer Programのメンバーです。

スイスのOccam Associationにより維持管理されています。

ADA/USD

50日移動平均線(上段黄色実線)を越えました。上に見えている緑点線が100日移動平均線です。MFI(中段白実線)も上昇しています。水平のトレンドラインの中におさまっています。ボリュームがここのところずっと低いのが気になります。

全体的に日足チャートで、長期目線で見ています。投資のアドバイスをするものではなく、大事な資産チェックの一環とカルダノの応援を目的としています。
動向の予測をすることもありますが、あくまで一個人の一つの見方です。多角的に分析をした上、トレードは自己責任でお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
カルダノを一緒に応援したいという方は、Twitterのフォローなどしていただけると嬉しいです。お陰様でフォロワーが1000人を超えました。ありがとうございます!
これからもより良いものを目指していきますので、SUGARステークプールをどうぞよろしくお願いいたします。