NFT Maker

2021-09-29

こんにちは!ステークプールオペレータのSUGARです。

今回は、NFT Maker(https://www.nft-maker.io/)を使用してNFTを作ってみました。

SUGARのロゴを例にご紹介してみようと思います。

2021/08/12時点の情報です。サイトにBETAと書いてあるので、全体の流れで大きな変更の可能性は低いと思いますが、今後アップデートされ表示に違う箇所が出る場合もありますのでご了承ください。

NFT作成手順

サイトへアクセスします。

MINT NFTを押します。

SELECT A FILEを押して、NFTにしたいファイルを選択します。(下記はファイルを選択した後)

NEXTを押します。

Title: NFTのタイトルを入力
Author(オプション): 作成者を入力
Description (オプション): 説明を入力
File Web Link(オプション): ウェブサイトのリンクを入力
Arweave ID(オプション): Arweave + IPSF の永続ストレージを使用する場合はIDを記入
NSWF(オプション): Not Safe For Work の略で「職場や学校などのフォーマルな環境下での閲覧に注意を促す」ものである場合はチェックをいれます。

NEXTを押します。

表示されているアドレスへ、表示されているADAを送金します。(金額を間違えないようにコピーアンドペーストします)

しばらく待ち、送金が完了すると上記の様にチェックになります。
DONEを押します。

完成しました!思っていたより簡単にできました。

Yoroiウォレットでの確認

Yoroiウォレット上では、下記のような結果になりました。

このウォレットで、NFT Makerでの作業の中で3,681762 ADA送り、結果、2 ADAのトランザクションとNFT(SUGARNFT0)を受信していることが分かります。

Pool.pmで表示確認

Pool.pmで確認するには、NFTを受け取ったウォレットアドレスで検索します。(上でいう「受信アドレス:2」)

うまく表示されました!(これをやってみたかった!)

とても簡単にできたのでNFTにご興味のある方は試してみてはいかがでしょうか?

Yoroiウォレット(ブラウザ版)での送付方法

ウォレットを選択した後、「送信」タブへいきます。
「Select asset」の部分を開くと、ADA、NFTなど、所有している資産が表示されます。
ここでは送る「SUGARNFT0」を選択している状態です。

受信者: 送付先のアドレスを入力
金額: 今回は1つなので「1」を入力
Amount Options: CUSTOM AMOUNT

ADAを送金するのと同じ手順で、「受信者」、「金額」、「手数料」、「合計」を確認します。
「送金パスワード」を入力して「送信」を押します。
成功のメッセージが表示されたら、「TRANSACTION PAGE」を押します。

下記では、受信したウォレットを確認してみます。

しばらくしたら、「トランザクション」タブで受信したことを確認できました。

Daedalusウォレットでの送付方法

ウォレットを選択し「概要」タブの下に「トークン」があるので、こちらに表示されます。今回は(1)とあるので1つ

矢印を押して開いた状態の表示です。

上部分にトークンの情報、下部分にトークンが受信された時の情報が表示されています。(伏字ばかりですみません)

トークンに対応する「送金」ボタンを押すと、送付先のアドレスを入力して送付することができます。(ADAがもったいないので試してはいませんが)


以上、ADAと同じような感覚で送ることができるので、使いやすいと感じました!

NFT作成自体とても楽しめたので共有したいと思い、記事にしてみました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

tech