Epoch 315: Plutus Playground

今回のプール・レポートです。インフラエンジニアとしてカルダノの分散化に貢献できるよう尽力します。また、皆様が安心してステーキングができるプール運用を目指しております。

プール・レポート

今回の報酬について

エポック313のブロック生成が反映されます。Luckは132%でとても良い結果でした。これからも着実に生成をしていけるよう心がけます。

次回の報酬

次回はエポック314の結果が反映されます。ブロックスケジュールの割り当ては多めでした。全て成功させております。

エポック314の期間:
– Start: 2022-01-11 06:44 JST (UTC+9)
– End : 2022-01-16 06:44 JST (UTC+9)

報酬などの確認方法

  • ADApools → プールのパフォーマンスを「Rewards」タブから確認できます。
  • 報酬の履歴表示と出力方法 → PoolToolで報酬を確認する場合はご参考ください(機能拡張に伴い、表示できない場合もあるようです)
  • SUGARステークプール情報 → プール実績や追加機能として下記も確認できます。エポック切り替わり後に更新しておりますので、よろしければご利用ください。
    – 今回のエポックは計算上どれくらいの報酬か
    – 過去のプール実績
    – 簡易報酬チェック(β)

ノード状況

  • 全てのノードをバージョン1.33へアップグレードしました。報酬計算がスムーズになり、ノードへ対する急激な負荷が軽減されました。
  • メモリの使用率が70% → 50% 程に抑えられるようになりました。

その他

Plutus Pioneer ProgramではEUTXOやPlaygroundのレクチャーがありました。
提供された手順を参考に、Dockerや、WSLでPlaygroundを動かそうとしてみたところうまくいかずでした。

おそらくDocker、Cardanoなど開発が進んでいて、過去の手順をそのまま実行するのでは足りていないという状態です。

また、ラップトップではスペックがギリギリのようで、メモリ使用率が100%近くになり処理が途中で止まり、何度もやり直しする羽目になりました。Virtual BoxのUbuntu 20で4コア、メモリ4G、ストレージ50GBで動くようになりました。

Plutusのツールの使い方も、コンパイルの仕組みも正確にわからないまま右往左往で、最初からこれでは先が思いやられます。それでもなんとかサンプルのスマートコントラクトを動かせると本当に嬉しかったです。

Playgroundのトップ画面

シミュレーション内容

  • Wallet1がNFT(66, T)を出品
  • Wallet2が12ADAを入札
  • Wallet3が15ADAを入札
  • CloseしてWallet3へNFTが送られる
3つのWalletでNFTのオークション
トランザクション内容
トランザクションの様子①
トランザクションの様子②
トランザクションの様子③
トランザクションの様子④
トランザクションの様子➄

ADA/USD

上段: 日足のキャンドルチャートは水平ラインでサポートされました。この水平ラインは強いサポートになるはずです。上へ向かってほしいです。
中段: 白線のMFIと黄緑のRSIも上昇しました。
下段: MACDは上にクロスしました。

Fear & Greed Index はExtreme Fearとなっています。

全体的に日足チャートで、長期目線で見ています。投資のアドバイスをするものではなく、大事な資産チェックの一環とカルダノの応援を目的としています。
動向の予測をすることもありますが、あくまで一個人の一つの見方です。多角的に分析をした上、トレードは自己責任でお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
カルダノを一緒に応援したいという方は、Twitterのフォローなどしていただけると嬉しいです。
役に立ったなどありましたら、SUGARステークプールへのご委任のご協力をどうぞよろしくお願いいたします。