Epoch 319: ダイダロス・ウォレットのアップデート

今回のプール・レポートです。インフラエンジニアとしてカルダノの分散化に貢献できるよう尽力します。また、皆様が安心してステーキングができるプール運用を目指しております。

プール・レポート

今回の報酬について

エポック317のブロック生成が反映されます。Luckは118%ととても良い結果でした。割り当てられたブロックは全て生成しております。これからも着実に生成をしていけるよう心がけます。(画像が間違っていたため差し替えました)

次回の報酬

次回はエポック318の結果が反映されます。ブロックスケジュールの割り当ては多めでした。全て成功させております。ROA 12%と表示が間違っているのではないかと勘違いしてしまいそうですが、正しい表示となります。

エポック318の期間:
– Start: 2022-01-31 06:44 JST (UTC+9)
– End : 2022-02-05 06:44 JST (UTC+9)

報酬などの確認方法

  • ADApools → プールのパフォーマンスを「Rewards」タブから確認できます。
  • 報酬の履歴表示と出力方法 → PoolToolで報酬を確認する場合はご参考ください(機能拡張に伴い、表示できない場合もあるようです)
  • SUGARステークプール情報 → プール実績や追加機能として下記も確認できます。エポック切り替わり後に更新しておりますので、よろしければご利用ください。
    – 今回のエポックは計算上どれくらいの報酬か
    – 過去のプール実績
    – 簡易報酬チェック(β)

ノード状況

  • ブロック生成ノードのメモリ使用率が上がってきているように見えます。

ニュース

ダイダロスウォレット

4.8.0がリリースされました。PCの推奨メモリが少々高めの16Gとなっております。「RTSフラグの有効」が可能でメモリが8Gのラップトップでも動作を確認しました。

RTSフラッグを有効にすると、メモリ使用料を削減しますが、CPUの使用率がわずかに高くなるとのことです。ブロックチェーンとの同期が改善されており、以前に比べると短時間でできます。

詳細: RTSフラグの有効化

後日更新: 私の環境では、8Gのメモリのラップトップではブロックチェーンとの同期終盤で遅くなり、フリーズしてしまいました。快適にご使用いただくためには、推奨値である16Gが良いと思います。

Project Catalyst

投票期間が終了しました。報酬は2/10以降に入る予定です。

ADA/USD

上段: 日足のキャンドルチャートは上昇がみられました。ボリュームは少ないため増えることを期待しております。
中段: 白線のMFIは大きく上がりました。黄緑のRSIも上がり50の状態です。
下段: MACDはうわ抜けたので、このまま上昇傾向になると嬉しいです。

Fear & Greed Index はFearとなっています。

全体的に日足チャートで、長期目線で見ています。投資のアドバイスをするものではなく、大事な資産チェックの一環とカルダノの応援を目的としています。
動向の予測をすることもありますが、あくまで一個人の一つの見方です。多角的に分析をした上、トレードは自己責任でお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
カルダノを一緒に応援したいという方は、Twitterのフォローなどしていただけると嬉しいです。
役に立ったなどありましたら、SUGARステークプールへのご委任のご協力をどうぞよろしくお願いいたします。