Cardano ADA の購入方法

暗号資産の売買を考えている方向けに注意点などを書いていきます。
この記事は投資をお勧めするものではございません。各自の責任においてリサーチの上お取引をお願いいたします。
ただ、ご質問をいただいたため、損をしないために、注意点やあらかじめ知っておいた方が良い点などを記載していきたいと思います。

対象読者: 日本国内の暗号資産購入をご検討の方

Cardano ADA の国内取扱所

BITPOINT
販売所のみでしたが、2022年2月10日からBITPOINT Proで取引所形式の取り扱い開始

GMOコイン
2022年1月時点では販売所のみの取り扱いです。

Huobi Japan(フォビジャパン)
2022年4月7日から販売所サービスを開始、5月13日から取引所サービス開始

販売所と取引所の違いとは?

販売所は、取引所にリストされていない欲しい/必要な取引銘柄があるという状況でない限り、お勧めできません。

販売所: ユーザは暗号資産取引所から購入します。スプレッドを考慮して取引所での価格と比べてご検討ください。購入したと同時に売却すると利益がマイナスになるように設定していると思います。手数料無料と表記されていてもこのスプレッドが開いているため、コストがかかっていることになります。トレードを繰り返すほどコストがかかります。

メリット: ほぼ確実に売買することが可能。操作が簡単。
デメリット: スプレッド手数料が高い。

同じタイミングでの表示

取引所: ユーザ同士で、希望価格もしくは成り行き価格で売買します。下記キャプチャは先述の販売所のキャプチャとほぼ同じタイミングでの取引所です。購入価格が安いです。ただし、取引所では希望した価格で売買したい人がいなければ取引が成立しないこともあるので注意が必要です。手数料は取引所によって違うので要確認です。

メリット: 手数料が安い。希望の価格を指定できる。成行注文ができる。
デメリット: 慣れない用語があり、操作が複雑。注文が成立しないことがある。希望の銘柄がないことがある。

BITPOINT PROでの売買例

BITPOINT PRO での売買例を記載します。取引所によっては色々な機能が追加されていたりもしますが、どの取引所でも基本的に同じ考え方となります。

トップ画面の左に表示されているメニューを下にスクロールします。

BITPOINT PROを選択します。

2022年3月時点でモバイルのアプリでは選択できないため、パソコンからのみ可能となります。

取引所の画面
  1. 売買したい銘柄を選択します。
  2. 価格と数量を指定して購入したい場合は「指値」を選択します。
  3. 購入価格と数量を指定します。
  4. 買うを押します。

注文の確認がポップアップで出るので、内容を確認して「発注」を押します。

画面下、「有効注文」タブにオーダー内容が表示されます。

売買が成立されていない状態であれば、鉛筆マークを押すことで訂正注文が可能です。

訂正したい場合は、注文価格、注文数量を変更して「注文訂正」を押します。

また、バツマークを押すことで取引の取り消しができます。

取り消したい場合は「注文取消し」を押します。

(「有効注文」のタブからは表示が消えます)

売買が成立すると、「約定照会」タブの下に取引内容が表示されます。指定した値段かそれより安い価格で購入が実行されます。

売却時も同様の操作となります。そのため、ここでは成行での売却例を記載します。

購入した時と同じ画面で、成行タブを選択します。成行で決定されるため、価格を指定できません。

購入したい数量のみを指定して、「売る」を押します。今回はすぐに取引が成立して、「約定照会」タブの下に取引内容が表示されました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
カルダノを一緒に応援したいという方は、Twitterのフォローなどしていただけると嬉しいです。
役に立ったなどありましたら、SUGARステークプールへのご委任のご協力をいただけますと幸いです。

blog