SUGARステーク・プールの運用情報

こちらのページでプールの運用情報詳細をお知らせいたします。
統計情報は、ADApoolsやブロックチェーンから自動取得しています。

ブロックの割り当ておよびROA(リターン)は宝くじのようなもので、システムによりランダムに割り当てられた結果となります。そのため、オペレータによる制御は不可となります。その中でも、割り当てられたブロックの着実な生成をすることで、最大限の報酬のお渡しができるよう尽力いたします。

プール設定

プール名
Sugar Stake Pool

ティッカー
SUGAR

POOL ID

5c8751066db31d6745bc8a58ba1534de67a95f9962fc309b4673dd8c

POOL ID
(ダイダロス)

pool1tjr4zpndkvwkw3du3fvt59f5men6jhuevt7rpx6xw0wcct5kl04

誓約金
60.0K ADA

手数料
0 %

運用コスト
340 ADA

直近のブロック生成状況

直近8エポックのブロック生成状況と、累計生成数(Lifetime Blocks)です。

直近の報酬状況

リターン(%)の状況です。

エポックごとの成績

「現在のエポック-2」の統計情報から確定されていきます。
エポック287以前に関しては、AdapoolsのRewardsタブをご参照ください。

  • Active stake: プールの有効なステーク
  • Live stake: プールに委任されたステーク
  • Declared Pledge: オペレータが宣言した誓約金
  • Live Pledge: ブロックチェーンに登録され有効になったオペレータの誓約金
  • Fixed Cost: 固定手数料
  • Margin (%): 変動手数料
  • Blocks: ブロック生成数
  • Performance (%): プールのパフォーマンス

報酬計算シミュレーション

委任量を入力することで、現在のエポックでSUGARステークプールにおいて、どれくらいの報酬を得られていたかシミュレーションできます。「現在のエポック-2」の情報を元に報酬は計算されます。
SUGARステークプール以外でステーキングをされている場合は、ご参考値としていただけますと幸いです。


簡易報酬チェック

SUGARステークプールに委任している場合、 “stake"から始まるステークアドレスを入力することで、報酬の履歴、合計、平均などを簡単に確認できます。
PoolTool と併わせてご確認ください。

Yoroiウォレット(ブラウザ版)でのステークアドレス確認方法

下記の手順で確認可能です。
ウォレット→「受信」→Reward→ステークアドレス

Daedalusウォレットでのステークアドレス確認方法

下記の手順で確認可能です。
ウォレット→ネットワークマーク→報酬タブ

ステークアドレスが不明の場合

ウォレットから、addrから始まる受信用のウォレットアドレスを確認します。
Cardanoscanにて、ウォレットアドレスで検索します。

検索結果のBECH32のアドレスがステークアドレスです。

また、委任者すべての一覧はADApoolsのDelegatorsタブでも確認できます。


エポック切り替わり直後はデータ取得にタイムラグがあることがありますのでご了承ください。

その他プールに関する記事

* ギブバック時送金用のアドレスについて: キャンペーンの内容により、オンライン確認可能なアドレスのみを、送金、NFT送付などのためお尋ねすることがあります。その場合、基本方針として、イベントが終わり次第破棄し、当プールで管理することはございません。また復元フレーズをお尋ねすることもございません。

運用履歴

2022年

日付 イベント
4/28運用証明書を更新しました。
3/27Block Producer Nodeのスペックアップグレードをしました。
3/11全てのノードをバージョン1.34.1へアップグレードしました。
2/13誓約金を60K ADAに引き上げました。すべてのノードはDNS名に対応しました。
2/7運用証明書を更新しました。
1/92号機を1.33.0へアップグレードしました。
1/12Block Producer Node、 Relay Node 1号機を1.33.0へアップグレードしました。

2021年

日付イベント
12/21Block Producer Node、 Relay Node 1、2号機を1.32.1へアップグレードしました。
11/27Relay Node 1号機メモリを16Gから32Gへアップグレードしました。サーバの契約を年間契約へ見直しました。
11/21運用証明書の更新をしました。
10/18Block Producer Node と Relay Node 1号機を1.31.0へアップデートしました。
10/12Relay Node 2号機をCardano Nodeを1.31.0へアップグレードしました。
10/9Cardano Nodeを1.30.1へアップグレードしました。
9/18アロンゾハードフォーク祝いで、手数料 0%へ変更しました。
9/4スマートコントラクト対応の1.29.0へアップグレードしました。
8/31運用証明書の更新をしました。
8/8キャンペーン終了に伴い、委任手数料を0.9%へ変更しました。
6/23運用証明書の更新をしました。
5/19誓約を40Kから50Kに引き上げました。
5/18Block Producer Node と Relay Node 1号機を1.27.0へアップデートしました。
5/16Block Producer Node スペックアップグレード(16GB RAM)しました。
Relay Node 2号機を1.27.0へアップデートしました。
5/8Relay Node 2号機スペックアップグレード(16GB RAM)しました。
5/1Relay Node 1号機スペックアップグレード(16GB RAM)しました。
4/18Block Producer Node を1.26.2へアップデートしました。
4/17Block Producer Node と Relay Node 1号機を1.26.1へアップデートしました。
4/12Relay Node 2号機を1.26.1へアップデートしました。
4/4運用証明書の更新をしました。
1/31Relay Node 1号機とBlock Producer Nodeを1.25.1へアップデートしました。
1/30Relay Node 2号機を1.25.1へアップデートしました。
1/24Relay Node 1号機とBlock Producer NodeをAWS Lightsailへ移動し、ストレージの増強をしました。
1/17Relay Node 2号機をAWS Lightsailへ移動し、ストレージの増強をしました。
1/16運用証明書の更新をしました。

2020年

日付イベント
12/13日本語コミュニティで紹介させていただきました。
Cardano Node 1.24.2へアップデートしました。
12/11初ブロック生成に成功しました。
12/6Relay Node 1号機とBlock Producer Nodeのスペックをアップグレード(8GB RAM)しました。Cardano Node 1.23.0へアップデートしました。
12/2Relay Node 2号機のスペックをアップグレード(8GB RAM)しました。
1128ティッカーをSSPからSUGARへ変更しました。
11/22Relay Node 2号機をロンドンへ移しました。
11/21Cardanoコミュニティで紹介させていただきました。
11/14Grafanaを冗長化し、アラート通知設定とテストをしました。
11/1運用証明書をアップデートしました。
10/22全てのノードをUbuntu 20 へ移行しました。
10/15Cardano Node 1.21.1へアップデートしました。
10/11Relay Node 2号機を追加しました。
9/24Cardano Node 1.20.0へアップデートしました。
9/20小さいプールのためのアライアンスに参加しました。
9/11手数料を0.01%に変更しました。2021/8/8までの予定です。
8/22カルダノネットワークへ参加しました。
8/8Stake pool schoolを受講しました。

ステーキングしていただいている方々の、確認のお役に立てれば幸いです。